患者の血圧を測定する医者
最新の投稿
自分で血圧を測定する人

降圧治療は高血圧の重大合併症である脳卒中発症率を35~40%、心筋梗塞を20~25%、心不全の発症を50%以上低下させることがわかっています。
血圧の重症度と血圧以外のリスク要因を組み合わせて高血圧患者のリスクを層別化してそれに従って管理計画を立てます。
高齢者は140/90mmHg未満、糖尿病・慢性腎疾患・心筋梗塞後などのハイリスク群は130/80mmHg未満を降圧目標とします。

生活習慣の改善と高血圧症治療薬を併用します。

高血圧症治療薬は次のように分類されます。

Ca拮抗剤
Caの流入を阻害し血管平滑筋を弛緩し、末梢血管抵抗を減じます。
代表的なものにアムロジン、カルブロックなどがあります。
アンジオテンシン変換酵素阻害薬
強力な昇圧系のレニンーアンジオテンシン系阻害と降圧系のカリクレイン・キニン・プロスタグランジン系増強作用を併せ持っています。
また組織アンジオテンシン抑制によって降圧とは独立して臓器障害の改善や進展予防が期待できます。
レニベース、インヒベースがあります。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)
A-II受容体に特異的に結合し、その生理作用を抑制します。
ブロプレス、ディオバン、オルメテックなどです。
利尿剤タイプ
腎尿細管でのNa・水の再吸収を抑制して循環血流量を減少させて降圧します。
フルイトラン、ラシックス、アルダクトンAがここに属します。
β遮断薬
心拍出量の低下、レニン産生の抑制、中枢での交感神経抑制作用があります。
テノーミン、メインテートなどです。
α遮断薬
交感神経末端の平滑筋側α1受容体を選択的に遮断して降圧します。
エブランチル、カルデナリンなどです。
レニン阻害薬
レニン活性部位に直接結合し阻害します。
ラジレスという薬品があります。

高血圧症治療薬を選択する際、最初は低用量の単剤または低用量の二剤で治療を始め、経過を見て追加・変更をします。
併用の場合は可能な限り相乗効果が期待でき、お互いの欠点を相殺しあうような組み合わせを考えます。
効果的で忍容性が高いと証明された組み合わせは、ARB+利尿剤、ARB+カルシウム拮抗剤などがあります。